記事一覧

そばグルメスタンプラリー

ファイル 466-1.jpgファイル 466-2.jpg

あと2ヵ月すると、「しんとくそば祭り」そして「第22回日本そば博覧会」がここ新得で開催されます。

多分、今までにないほどの新得町での大イベントになることでしょう。
メインイベントは、関係者にお任せして、私達飲食業者は、陰から支えていきたいと思います。

ということで、
『そばグルメスタンプラリー』
を、7月25日から9月25日まで開催することになりました。

いったいこれは何かと言うと、
1)スタンプラリー参加店での指定されたそばのメニューを注文。
2)スタンプをゲット。
3)2店以上周って応募。
もしかすると賞品が当たる!
というものです。

これは、かなり敷居の低いスタンプラリーです。
参加しなきゃ損ですよ。

投票に行こう

『「護憲」「改憲」という言葉を、抽象的に憲法を変えた方がいいのか、変えない方がいいのか、という意味で使う人がいますが、間違いです。それぞれが「理想の憲法」を出し合え、というのが改憲問題ではありません。いま問われているのは、2012年4月に自民党が発表し、現に掲げ続けている「憲法改正草案」に賛成か、反対か、それを作った人たちが描いているこの国の未来像への賛否なのです。抽象的に改憲が問題になっているわけではないのです。』(樋口 陽一)

憲法学者・樋口陽一氏 「国民が求めるのは改憲ではない」 | 日刊ゲンダイDIGITAL

続きを読む

7月10日 投票にいく前に

『実際、自分なりに調べて投票しようという学生は、かなり少数派だと思います。家で政治の話はしないし、親に「この問題に対してどう考える?」と聞かれないまま大学生になったという子が多いでしょう。
(略) 
もちろんシールズの活動を評価しているし、いいと思いますが、あれができるのは大学生の数%。「今の若者はあんな感じ」と勘違いしてはいけません。
』(湯浅誠)

あんな感じでない若者も投票はできます。
自分の五感をフルマックスして悩んで絶対に投票しましょう。

『この国の47都道府県で本気で
具体的な実践を生き始める男や女が
各県に10人づつで集い その470人で、日本は変えられる』(三宅洋平)

三宅洋平【選挙フェス 7月7日】SEALDs 奥田愛基「1/470 Party People」

選挙で投票する時、字を間違えたら

消しゴムが認められていない場合は、一本線や二本線で消して書き直す。(抹消する際、抹消する文字を見えるようにしておく)

書き間違いを理由に、新しい投票用紙を請求する。(書き損じの投票は「汚損票」として処理され、引き換えに新しい投票用紙が交付されます。これは、公選法が認めています。)

ちなみに、難しい漢字の場合、分からなければ、ひらがなで書く。

■参考選挙で投票する時、字を間違えたらどうしますか? - 消しゴム置... - Yahoo!知恵袋

参院選が始まりました

6月22日 参院選が公示されました。今回、18歳に選挙権が引き下げられて有権者の2%が増えました。たった2%ですが、されど、18歳、19歳の人口約240万人です。

現在、日本の選挙では、投票数・投票率において圧倒的に多いシルバー層です。(たとえば2014年の衆議院議員選挙投票数で20代は60代の3分の1の数。) つまり、議員さんたちが主に耳を傾ける相手は、シルバー層になるのは当然でしょう。

しかし国政であれ町政であれ、20年後30年後の中心になるのは、現在の若者なのです。この段階で投票行動を渋る若者が過去のような数いるとなると、20年30年後、『こんなはずじゃ・・・』と、頭を抱えるかもしれません。

シルバー世代は概ね元気です。選挙だって大好き。投票所から出た時の、すがすがしさの感覚が忘れられないのかもしれません。だって60代の投票率は約60%ありますからね。シルバー世代よりも投票人口の少ない若者たちは、元気なシルバー世代に負けないくらい(いえ、圧倒的な投票率で)の投票行動をおこさないと、主に若者の意見に耳を傾けてくれる議員さんなど存在しなくなるでしょう。一人でも多くの若者が、ほんの少しかもしれないけれど、接点を見つけ出し、自分たちの未来のことを考えて行動してくれる人に投票しませんか。これが『こんなはずの未来』の遠回りに見えても近回りになると思うビーワイルドです。

もちろん、現状の年金のことも介護のことも気になる世代に突入してきているビーワイルドですが、
それでも、若者に希望を「脱!シルバー民主主義」を応援します。

蝦夷梅雨

ファイル 460-1.jpg

梅雨に入りました。
寒い毎日です。
それでも、植物は知らぬ間に花を咲かせています。

お綺麗な貴方は誰ですか

ファイル 459-1.jpg

まだまだ開店までには時間がございます。
申し訳ありません。

今の時間、
お綺麗な貴方様がそこにいらっしゃると、
私の観察しています鳥達がやって来なくなりますので、
悪いのですけれど、早々お帰り下さいますようお願い申し上げます。

また、こちらでは、貴方様のお口に合うものは全く提供しておりません。
いやどちらかというと、主に見つかりますと、お家の方に誘導されると思いますので、是非、今のうちにご帰宅下さいませ。

それに私、
とてもとても臆病者なので、これ以上、頭をあげることも出来ません。
よろしくお願い申し上げます。

桜が散って梅が咲き

ファイル 458-1.jpg 今年の狩勝高原は梅と桜の花が同時に咲いて、とても綺麗だったようですが、残念なことに写真を写した時は、すでに桜の花は、その葉に隠れているか、地面に落ちていました。

 狩勝高原では、いつもは、内地とは違って、桜の花の咲いた後に梅の花が咲きます。今年の狩勝高原の梅園は、ピンクの雲のようで、とても綺麗です。
梅の花は桜の花と違って、咲いている期間が短くありませんので、是非、狩勝高原の梅園観賞如何ですか。日が長いので、夕方も最高ですよ。

ファイル 458-2.jpg
後ろは多分、狩勝山です。(佐幌岳ではありません。)

たった2つですが・・・

ファイル 457-1.jpg

営業をはじめて数年過ぎた頃でしょうか。お客様から、キタコブシの苗をいただきました。確か、種から芽が出て一年目の苗木でした。

その後、苗木はすくすくと大きくなっていったのですが、春になってもいっこうに花を付けませんでした。

これは、本当はコブシの木ではなくて別の木なのかも?
と、疑ったりしたのですが、やっぱりコブシでした。
それで、この木は花は付けない木なんだと、すっかりあきらめていました。

ところがです。
今年、2つだけですが、花を付けたのです。
すでに四半世紀過ぎたコブシの木です。
驚きの光景でした。

これはきっと良い年になる。と、思わず期待してしまう春となりました。